住宅リフォームトラブルが急増 増税絡め契約急がす例も – 日本経済新聞

ちょっと気になる【増税】ニュース…

国民生活センターによると、…来年4月に予定される消費増税を持ち出し、十分な情報提供をせずに契約を急がせるケースもあり、同センターは注意を呼びかけている。

契約の引渡時期が来年3月末までになっていても、実際の引渡時期が4月以降にズレ込んだ場合の消費税追加負担の発生も十分考えられますので、要注意ですね。

また、顧客が住宅価格のアップが確実だと誤解して契約し、後で負担軽減制度などが導入されて顧客の税負担に実質的な変動がなかった場合、顧客から契約を取り消される可能性もある弁護士・秋野卓生氏)とのことです。

 

いづれにしましても、どんな商品・サービスを購入するにしても、急いで契約する必要は無いということを再認識する必要があるようです。ましてや消費税の増税ごときで、あわてるのは止めましょう。住宅業界にカモられる可能性大だと思うのです。

 

 

 

 

 

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNHOrjQEQV4uIp2ZrkOLDsO3sUN3yw&url=http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG18018_U3A620C1CR0000/

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所