損保協会長、消費増税後「保険料引き上げ必要」 – 日本経済新聞

ちょっと気になる【増税】ニュース…

損保協の試算では消費税が10%に上がった場合、自動車などの修理代金や代理店手数料が増え、業界で約1800億円の負担増となる。一方、契約者から受け取る保険料には消費税がかからないため、収支の悪化が懸念されている。

損害保険の保険料の引き上げが必要であるのであれば、医療費も見直されるのでしょう。消費税導入の平成元年にも、消費税5%の平成9年にも、一部の診療報酬や薬価が改定されています。     ご関心がある方はリンク先をご確認ください。

0139_3

 

http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNHrb5YAfEAUAi4ZxTb9N_XzY2YC1A&url=http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC13011_T10C13A6EE8000/ selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所