タグ: 税金

NISA(日本版ISA)の賢い使い方

アベノミクスでローンの組み方にも要注意?〈AERA〉

ちょっと気になる「税金」の雑誌記事…

いつの時代もローンの組み方には注意が必要です。アベノミクスに限った話では無いと思うのですが。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130507-00000002-sasahi-bus_all
ご関心がある方はリンク先をご確認ください。

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

納税意識が低いままだと日本は大変なことになる — 岡本 裕明

ちょっと気になる「税金」の雑誌記事…

日本国憲法 第三十条

国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。

自民党の憲法改正草案でも変更なしですし、これだけでは納税意識を維持することは不可能なのでしょうか。興味を持たない理由を考え、あれこれ対策するよりも、興味を持つべきですよ…と伝え続けていくより仕方ないと考えます。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130502-00010000-agora-pol
ご関心がある方はリンク先をご確認ください。

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

中小企業が「預り金」である消費税を“ネコババ”?

ちょっと気になる「税金」の雑誌記事…

この記事はマズい内容でした。5%から8%になると、

ネコババできる額が増えるのだからラッキーではないか

とのこと。この理解・発言には、ただ呆れるだけです。あまりにも中小企業をバカにした記事です。

消費税は販売先から預かった税金を納めるという性格の税金

そもそもこの理解が間違いの元ですね。平成11年以降の国税庁の宣伝文句そのままの受け売りで、金融ジャーナリストの記事としては随分と拙いです。

まず司法の解釈。東京地裁H2.3.26・神戸地裁H9.7.14・最高裁H11.7.19・鳥取地裁H12.5.16・東京地裁H14.4.18といった判例から、消費税は価格の一部を構成しており、消費者に納税義務がなく、事業者に徴収義務がない以上、預かり金でもなく、預かり金的性質を有するものでもない…と司法は考えていることがわかります。

次に学説。「法的な意味において、事業者には、消費税の転嫁の義務または転嫁の権利はない(田中治 第4章・金子宏編『租税法の基本問題』有斐閣2007 p701)」という解釈が多数説・有力説でしょう。

そして税理士界。「張江裁判」顧問税理士グループ事務局・中島美和氏によれば「今日通説となっている、消費税は「価格の一部である」という見解」で、通説とのことです。

最後に立法当局。平16年4月の総額表示改正時の財務省主税局・上竹良彦氏によれば「受領する消費税分は財貨やサービスの価格の一部を構成する」とのこと。(引用・参照元
 

小難しい理論や解釈を無視したところでも、消費税は現実社会においても決して預かり金などではなく、当然に価格の一部を構成しているという「動かしがたい現実」があります。自由経済市場においては、すべて税込価格で決定されます。そうなりますと、消費税増税時は、どこかが増税分をかぶらないといけなくなりますが、それは決して大企業ではないことは明らかです。

消費税滞納の原因は、赤字企業による消費税分のネコババ

と批判する前に、そもそもここまで高い滞納率である消費税の制度に問題があり、批判されるべきだとは考えないのでしょうか?

あまりにもヒドい記事だったため、備忘録として記しておこうと思った次第です。

 

http://biz-journal.jp/2013/05/post_2015.html
ご関心がある方はリンク先をご確認ください。

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

 
 
 
 
 
 
 
 

公的年金の掛け金は払い続けたほうがいいのか?

ちょっと気になる「税金」の雑誌記事…

支給開始年齢の引き上げなど、若い世代になるほど不公平さを感じてしまう公的年金。それでも掛け金は払い続けたほうがいいのだろうか?

それでも掛け金は払い続け”なければいけない”のです。それが日本の”公的”年金制度だと思うのですが。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130430-00000645-playboyz-soci
ご関心がある方はリンク先をご確認ください。

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

ユニクロ、世界同一賃金構想への相次ぐ批判…なぜ“ブラック企業”と言われるのか?

ちょっと気になる「税金」の雑誌記事…

「税金と保険の情報サイト」は、25日の記事で「ユニクロ柳井会長が労働法規無視」と批判。「最低賃金などは、各国の労働法規によって定められている。それぞれの国の物価や生活水準に配慮した金額となっており、これを均一化するのは単純な違法行為」…と指摘している。

とのことですが、この批判記事に違和感があります。ユニクロさんの世界同一賃金は、世界同一”水準”賃金だと理解しているのですが。

もちろん、ある経営者の方針を批判することなどできませんし、してはいけないと考えていますが、「労働法規無視」という批判がある限りチェックされてしかるべきでしょう。私の領域で考えますと、「税務法規軽視」という批判はされませんように。

ユニクロ、世界同一賃金構想への相次ぐ批判…なぜ“ブラック企業”と言われるのか?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130428-00010001-bjournal-bus_all
ご関心がある方はリンク先をご確認ください。

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

育児休業延長に振り回されそうな女子大生に贈ったアドバイス ~時短勤務と男性の働き方~ – 中嶋 よしふみ

ちょっと気になる「税金」の雑誌記事…

育児休業延長に振り回されそうな女子大生に贈ったアドバイス ~時短勤務と男性の働き方~ – 中嶋 よしふみ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130426-00010010-agora-bus_all
ご関心がある方はリンク先をご確認ください。

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

ついに降参:アメリカ唯一の「無料」私立大学、来年から有料に – 北村 隆司

ちょっと気になる「税金」の雑誌記事…

ついに降参:アメリカ唯一の「無料」私立大学、来年から有料に – 北村 隆司
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130426-00010008-agora-soci
ご関心がある方はリンク先をご確認ください。

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所