タグ: 増税

消費増税先送りは「幼児虐待」みたいなもの? 「ノーテンキ経済学」からの訣別のススメ – J-CASTニュース

ちょっと気になる【増税】ニュース…

「負担や痛みを避けたいという人びとの素朴な願望につけこ」んだ、根拠が薄弱で「受け」狙いの論調だと厳しく批判

ごもっともだと思います。

しかし、消費税増税はもう待ったなしの状況だという論、そしてゆくゆくは25%まで増税が必要だという論に対しては、増大し続ける社会保障費に目をつむりたいという人びとの素朴な願望につけこんだ論調だとも思うのです。厳しく批判することは私にはできませんが。

「(現役・引退世代による将来世代への)財政的幼児虐待」という言葉も紹介し、償還の税負担を将来世代へ先送りしている現状も分析している。

ごもっともだと思います。

しかし、増大し続ける社会保障費をカットできずに先送りし、消費税増税で賄おうとしている現状は、「引退世代による現役世代と将来世代への財政的虐待」でもあると思うのです。

消費税の増税はもちろん必要でしょうが、増え続ける社会保障費をカットする、高福祉を見直すといったことも必要でしょう。どちらも痛みを伴いますが。

多くの方は、何が何でも単純に消費税反対であるわけではなく、社会保障と税の一体改革の「一体」を守っていただきたいと考えているのだと思います。消費税の改革だけ進行し、25%必要だという、もうひとつのノーテンキ経済学にはやはり反対です。

 

 

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNFjtGfBBlxnTzkWqGy9y8XeCRneSg&url=http://www.j-cast.com/mono/2013/06/26178013.html

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

消費再増税、言及避ける=法人税率「高め」-政府税調会長 – 時事通信

ちょっと気になる【増税】ニュース…

日本の法人実効税率について「全体として(他国に比べ)高めなのは事実だ」と指摘。(政府税制調査会の中里実会長)

そのとおりですが、「実効税率(表面税率)については」ですね。

「私は昔から日本の法人税は、みかけほどは高くないと言っています。表面税率は高いけれども、いろいろな政策税制あるいは減価償却から考えたら、実はそんなに高くない。今でも断言できますが、特に製造業であれば欧米並みではある」(参照元日本経団連の阿部泰久経済基盤本部長『税務弘報』2010年1月号)

「今ただちに法人実効税率を下げなければならないという理屈はあまりないわけです。国際的な水準に合わせることが必要といっているけれども、それほど切羽詰った話ではないと思っています」(参照元「国際税制研究」NO.18清文社、座談会「抜本的税制改革の諸課題」)

「表面税率」にとらわれることなく、「限界実効税率」によって判断していくテーマかと思います。限界実効税率については相当程度低い期間が続いています。また、内閣府経済社会総合研究所によれば、企業が国内に残るか、海外に移転するかが、税制に関連するものなのかは、今後も大きな問題であり続ける…とされているのが現状のようです。

ただし、発言力のある財界は表面税率の減税に固執していますので、近いうちに済し崩し的にジワジワ減税に向かっていくことでしょう。

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNF135Z853a18tIRR4y20apmisf68g&url=http://www.jiji.com/jc/c?g%3Deco_30%26k%3D2013062400853

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

住宅リフォームトラブルが急増 増税絡め契約急がす例も – 日本経済新聞

ちょっと気になる【増税】ニュース…

国民生活センターによると、…来年4月に予定される消費増税を持ち出し、十分な情報提供をせずに契約を急がせるケースもあり、同センターは注意を呼びかけている。

契約の引渡時期が来年3月末までになっていても、実際の引渡時期が4月以降にズレ込んだ場合の消費税追加負担の発生も十分考えられますので、要注意ですね。

また、顧客が住宅価格のアップが確実だと誤解して契約し、後で負担軽減制度などが導入されて顧客の税負担に実質的な変動がなかった場合、顧客から契約を取り消される可能性もある弁護士・秋野卓生氏)とのことです。

 

いづれにしましても、どんな商品・サービスを購入するにしても、急いで契約する必要は無いということを再認識する必要があるようです。ましてや消費税の増税ごときで、あわてるのは止めましょう。住宅業界にカモられる可能性大だと思うのです。

 

 

 

 

 

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNHOrjQEQV4uIp2ZrkOLDsO3sUN3yw&url=http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG18018_U3A620C1CR0000/

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

「4%成長なら消費増税不要」みんな・渡辺代表が演説(神奈川新聞)

ちょっと気になる【増税】ニュース…

4%成長を遂げていけば、日本の税収は20年前の水準を回復し、景気の腰折れ要因となる消費増税をしなくてもいい」と強調した

「増税をしなくてもいい」とまでは楽観的に期待しませんが、まだまだ苦しむ中小零細企業が多い「いま」消費税を増税することに心配があります。増税することは法律で成立していることから、経済状況をよくよく勘案して延期としていただきたいと思うのです。経済状況の好転といえば好転しているのでしょうが、消費税増税に耐えられるほど経済状況は好転しているとはとても思えません。

 

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNGLmsVuC267K5rfTEgxH09XcuBiOA&url=http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1306230021/

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

編集委員・田村秀男 アベノミクスと消費増税を考える – MSN産経ニュース

ちょっと気になる【増税】ニュース…

日銀政策審議委員の白井さゆり氏も最近の講演で、「消費税率の上昇分が大きい14年度については、家計のマインドに物価面から現在想定している以上の下押し圧力が加わることで内需が減少し、その影響が長引く可能性」を指摘した

現在想定している以上の!下押し圧力…その影響が長引く!可能性…

一体全体大丈夫なのでしょうか。

経済へのマイナス効果を減殺するために、消費増税実施に合わせて、中低所得者向けに増税負担分を給付する制度を、来年度予算に盛り込むという考え方も浮上している。

中低所得者向け」とのことですが、所得者を除く所得者ということなのでしょうか。そうであれば、相当数の納税者が該当しそうですが、来年度予算は大丈夫なのでしょうか。消費税増税判断時のとりあえずのリップサービスに留まりそうですが…

消費税増税後は、日本の景気は減速局面に戻りそうです。さらに、一度上げた税率8%はもう5%に戻りませんので、5%時代よりも苦しい状況が続きそうです。そして、すぐに消費税10%への増税がやってきます。果たして中小零細企業は耐えられるのでしょうか。

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNEWJ3RAOqPvUr9kKWq6z_9_nWsz1g&url=http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130623/fnc13062308290001-n1.htm

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

みんなの党、投資減税に消費税増税は大矛盾とツイート – 大阪維新

ちょっと気になる【増税】ニュース…

 

そうですね、何か変です。

設備投資は投資減税だけでは動かない(米倉経団連会長)とのことですが、中小零細企業はなおさら動けません。そのうえ消費税が増税されていくわけですから厳しい状況となります。

その上さらに、賃金を上げていけ…などと民間企業の側に簡単に要求しないでいただきたいものです。シワ寄せはすべて中小零細企業に回ってきますので。

 

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。

0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNH1hGfVjznHnH074ygJmeT1xDm7eg&url=http://oneosaka.net/2508.html

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

自民政調会長、消費増税「予定通り行えるような経済状況作る」 – 日本経済新聞

ちょっと気になる【増税】ニュース…

引き上げを予定通り来年春に行えるような経済状況の構築に努めることに尽きる(高市早苗政調会長)

経済状況の粉飾は避けていただきたいところですが、それほど容易に「経済状況の好転」を構築できないと思います。たしかに「好転した経済状況の持続」までは消費税増税の条件とはされていませんので、一時的であっても「好転」さえ判断できればよいのでしょうが。

政府が引き上げを判断する今年秋の段階で経済指標が思わしくなければ、引き上げという判断に至らない可能性もある

そのように法律に決まっています。法律は遵守していただきたいと思います。

【備忘録】通称・景気条項

社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律」(平成24年法律第68号)

この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判断を行うとともに、経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、第二条及び第三条に規定する消費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前二項の措置を踏まえつつ、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。(改正法附則18③)。

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。

0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNGJcmHHYDUD6N3mTCcjiH58BEZJ9g&url=http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL200PS_Q3A620C1000000/

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

経財相、消費増税の延期「国債の信認を毀損する」 – 日本経済新聞

ちょっと気になる【増税】ニュース…

消費増税を実施したあとに経済が落ち込んだ場合の対処法については「いろいろな手法がある」と述べ、詳細な言及は避けた。(甘利明経済財政・再生相)

甘利大臣が心配する、消費税の増税を延期して国債の信認を毀損した場合の対処法についても、「いろいろな手法がある」のではないでしょうか。

そもそも消費税を増税して財政赤字の削減は達成できるのでしょうか。消費税を増税したのにも関わらず、しばらくして税収増にもならず、財政赤字の削減もできず、挙句の果てに国債の信用力が下がる…なんていうシナリオは厳しいものがあります。

 

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNH54DdT770YnG-DODb1IhgXpfgniQ&url=http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL200P9_Q3A620C1000000/

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

竹内財務政務官:消費税増税で財政出動の可能性示唆-景気下押し回避 – ブルームバーグ

ちょっと気になる【増税】ニュース…

竹内氏は「企業は内部留保をため込むばかり。設備や人への投資は絶えずしなければならない」と表明。

少し引っかかる発言です。政務官でいらっしゃいますので、まさか内部留保を単純に現金剰余金と混同していないと思いますが、設備や人への投資は絶えずした結果として内部留保されるわけでして、個人的には引っかかる発言です。

また、言葉足らずで現金剰余金のことを指していたとしても、同じことで、設備や人への投資は絶えずした結果としてしか現金剰余金は増えません。すでに人への投資は行われた後の状態でしょう。

次のボールは「民間」にあるとの見解を示した。

そんなに無責任なボールを投げないでいただきたいというのが民間の本音だと思います。先行き不透明な経済状況で、簡単には賃金を上げるなんて容易にはしない・できないと思うのです。

 

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNENSI7h7HvIP01-Aju4gMPaX1QShg&url=http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MOOFEI6S972D01.html

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

竹中氏「やらざるを得ない」 来年の消費増税を容認 – テレビ朝日

ちょっと気になる【増税】ニュース…

しかし、去年、与党も野党も一緒になって、大新聞も一緒になって、マスコミもほとんど賛成した。これをやらないようにすることのエネルギーとダメージを考えると、とりあえずやらざるを得ないと思う」(慶應義塾大学・竹中平蔵教授)

増税した場合のダメージもぜひ考えていただきたかったです。

また、「とりあえず」やらざるを得ないとのことですが、落ち着いたころに増税した結果のダメージがわかったときには、その「とりあえずの増税」は無かったことにできるのでしょうか。

とりあえずやらざるを得ない…消費税の増税を判断する際に、それはヒドいと思うのです。

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNEWFs4gNNUBeeDZ3H5KoPnETw6yfw&url=http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000007421.html

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

経財相、消費税増税「今から延期するシナリオ持っていない」 – 日本経済新聞

ちょっと気になる【増税】ニュース…

消費税の増税について「今から延期するシナリオは持っていない」(甘利明経済財政・再生相)

シナリオが無い…それはヒドい話です。一応法律として成立しているのですが、法律を無視したシナリオは用意してあるということなのでしょうか。

また、「今から…ない」のであれば、いつであったら消費税増税の延期シナリオはあったというのでしょうか。個人的には「」で十分だと考えます。

 

【備忘録】通称・景気条項

社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律」(平成24年法律第68号)

この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判断を行うとともに、経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、第二条及び第三条に規定する消費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前二項の措置を踏まえつつ、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。(改正法附則18③)。

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNFWKHfqi-_5M7BUhExWTojy2ascGw&url=http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL190OT_Z10C13A6000000/

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

給付金、50歳以上に 与党、住宅の現金購入で – 中国新聞

ちょっと気になる【増税】ニュース…

退職金で購入する中高年層などを想定しており…

住宅購入者の2割程度は現金で買うという実態…

“2割も”なのか”2割だけ”なのか不明ですが、退職金がもらえて、かつ住宅購入に当てることができる層にまで税制上優遇する必要は薄いと個人的には思います。退職金すら支給されない層も相当程度存在しますし、退職金が支給されたとしても自身の老後資金や親の介護資金などの必要性から住宅購入に回すことのできない層も相当程度存在するはずです。

収入に応じて数十万円の定額給付とする見通しとのことですが、「金持ち優遇」や「ばらまき」との批判は否めないでしょう。

せっかく消費税を増税してまで税収上を目論むわけで、それを現金給付する際は慎重に検討していただきたいものです。

 

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNHWzqWFsqHWjAnv0w-Lm8dSeIj71g&url=http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201306180142.html

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

財務省主導の増税阻止こそ経済成長の近道 設備投資減税と消費税の関係 – ZAKZAK

ちょっと気になる【増税】ニュース…

安倍首相が打ち出した企業の設備投資減税の方針に対して、経団連の米倉弘昌会長は

設備投資は投資減税だけでは動かない

とのこと。大企業でも投資減税だけでは設備投資に動かないのであれば、中小零細企業はなおさら動きにくいことでしょう。そんな状況下で、消費税増税に伴い設備投資に係る負担も増大します。

財務省としては、消費税を増税して予算上の歳出権を増やして、社会保障や公共事業などへの支出拡大に回せるのであればいい。

すでに雲行きが怪しくなってきています。などへの支出拡大に回せる??? 消費税の増税分は歳出先の使途として社会保障の財源に限られていたような気がしますが、すでに制限解除されているのでしょうか。

 

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNHhylaqgX5PpTDhkGfRYRZ-XS762A&url=http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130616/dms1306160710003-n1.htm

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

国民に増税 大企業に減税 – しんぶん赤旗

ちょっと気になる【増税】ニュース…

中小零細企業にとって、消費税の8%改正・10%改正と続くことだけでなく、平成16年から平成29年まで上がり続けている社会保険料も重い負担となっています。

消費税のような具体的な滞納状況がわかりませんが、実感としましては、すでに現時点においても中小零細企業にとって、消費税よりも社会保険料は資金繰りの悪化に及ぼす影響が大きいと感じます。このような中小零細企業の状況下で、また今の経済状況下で、消費税が増税されることの怖さは尋常ではありません。

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3

http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNEf6YP3-t7gba-Y01YM6POZb6mraA&url=http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-15/2013061501_02_1.html

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

消費増税の2兆円、子育て・青少年対策に 維新公約案 – 日本経済新聞

ちょっと気になる【増税】ニュース…

「消費増税分の2兆円を子どもを含む青少年対策にあてる」と明記する方向で検討する。

引き上げた消費税率分の使途・配分はおおまかに方針が決まっており、政府の方針では子育て施策には1兆円となっているようです。

日本維新の会はこれを倍の2兆円を公約にするとのことですが、その他の「医療・介護」への使途・配分は減らすのでしょうか。

 

 

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNFOzuS9aOlZaEknxZ5V2BSw4ot82A&url=http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS14035_U3A610C1PP8000/

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

野田氏が消費増税対策を紹介/本社政懇 – デーリー東北新聞社 Online Service

ちょっと気になる【増税】ニュース…

税理士の野田美和子氏(東京)が「消費税8%は怖くない」と題して講演

税理士の野田氏には恐縮ですが、それでも私は「消費税8%は怖い」、特に中小零細企業にとっては死活問題であり「恐ろしい」と言いたいです。経過措置利用や価格表示といった対策やテクニックの問題ではなく、何よりも大切な売上に及ぼす影響が大きいですし、資金繰りにも多大な影響を及ぼします。

たかだか5%の消費税であっても、滞納額も何年も”安定して”多額で推移しています。消費税が8%10%とれば間違いなく滞納額も比例して増加するでしょう。そういえば中小企業が消費税をネコババしている…というヒドい記事もありました。

多くの中小零細企業にとって、やはり消費税8%10%は恐ろしいです。さらにその後も続くであろう消費税増税のことを考えますと、その恐ろしさは容易に想像できると思います。

 

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNHnnRTtYSk2lVpLyjlEBhDEMrBbwg&url=http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/news/2013/06/14/new13061409top.htm

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

英国の例に学べ! 消費増税で税減収、そしてデフレ地獄に – ZAKZAK

ちょっと気になる【増税】ニュース…

「予定通りの実行」派と、少なくとも1年は実施を延期し2015年以降に一挙に10%に引き上げればよい、とする向きに二分されている。

日本経済の成長を見定めるのにおおよそ2年かかるのであれば、私は後者の考え方に賛同します。

「政治的には延期は無理」と打ち明ける。増税延期ともなれば、自民党内の増税推進派が騒ぎ出し、党内の結束が乱れ、ひいては安倍首相の党内基盤が弱くなるというわけである。

増税は政治で決まる制度である以上、政治的に「は」無理であるならば増税止むなしですが、こんな党内事情といった「政治的」な理由で無理なのであれば絶望です。また、逆に、「増税実施ともなれば、自民党内の増税延期派が騒ぎ出し、党内の結束が乱れ、ひいては安倍首相の党内基盤が弱くなるというわけ」にはならないものでしょうか。

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNH5Z-ONoc4QT04KfMnTAMjbLke91w&url=http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130614/ecn1306140710000-n1.htm

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

損保協会長、消費増税後「保険料引き上げ必要」 – 日本経済新聞

ちょっと気になる【増税】ニュース…

損保協の試算では消費税が10%に上がった場合、自動車などの修理代金や代理店手数料が増え、業界で約1800億円の負担増となる。一方、契約者から受け取る保険料には消費税がかからないため、収支の悪化が懸念されている。

損害保険の保険料の引き上げが必要であるのであれば、医療費も見直されるのでしょう。消費税導入の平成元年にも、消費税5%の平成9年にも、一部の診療報酬や薬価が改定されています。     ご関心がある方はリンク先をご確認ください。

0139_3

 

http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNHrb5YAfEAUAi4ZxTb9N_XzY2YC1A&url=http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC13011_T10C13A6EE8000/ selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

消費増税対策で10%プレミアム付き商品券発売へ、鎌倉商議所など/神奈川 – カナロコ(神奈川新聞)

ちょっと気になる【増税】ニュース…

10%のプレミアム(割り増し)が付いた商品券を発売する。

鎌倉市民限定だそうです。

しかし、デパートをはじめとして、各種会員に対する8%割引や8%ポイント付与といったサービスは十分に考えられます。スーパーなどにおいても、セール禁止法において消費税という文言・キーワードを含まなければOKとなり、8%還元セールは可となりましたので、ますます価格競争は激化しそうです。

 

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNFLM5pFCPK1BrnufX1IcCGQHRtSZg&url=http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1306120028/

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所

安倍首相経済ブレーン 消費増税は2年待たなければならない – NEWSポストセブン

ちょっと気になる【増税】ニュース…

日本経済の名目成長率が4、5%程度を維持し続ければ、増税なしでも財政再建は十分に可能です。その成長率に達成できるかどうか見定めるのに、おおよそ2年かかる。

見定めるのにおおよそ2年かかるにもかかわらず、経済状況の好転の判断を今秋にすることになっています。

安倍首相は6月5日に、アベノミクスにおける成長戦略のキーワードとして”民間活力の爆発”を挙げました。しかし、今の状況下での消費税の増税は、民間活力を爆撃して、奪ってしまうことになると思うのです。ぜひ慎重に判断いただきたいと願います。。

ご関心がある方はリンク先をご確認ください。
0139_3
http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&usg=AFQjCNEH2kvjrJIkB_n_4gk-jd6T2QINJw&url=http://www.news-postseven.com/archives/20130602_190962.html

selected by 名古屋の山本快夫税理士事務所